タンゴアジア選手権で審査員特別賞を受賞~数奇なる運命の若きタンゴダンサー~

2017年7月1日、2日に東京・渋谷でタンゴダンスアジア選手権が開催されました。
世界選手権のアジア地区予選となっている本大会で、本校学生が審査員特別賞を受賞するという快挙を達成しました。


今回は松井郁実さんと加瀬拓人さんにお話を伺いました。

アジア選手権という舞台

アジア選手権の舞台に立ったことについて松井さんは、プロ選手や海外からの選手など多くの方が参加される中で緊張感があったとのこと。しかしながらその上でも会場内で声援が飛び交うようなアットホームな雰囲気もあり、楽しく踊ることができたそうです。
ミロンガと呼ばれるダンスパーティーに参加した際にひょんなことがきっかけで参加が決まったとのことで、実に本番(そして期末試験)の2週間前の話だったといいます。そのため嬉しさという感情を感じる間もなく、淡々と本番に向けて空いている時間を最大限使い練習する日々を送ったのだとか。

加瀬さんはこのアジア選手権の参加を通して様々な収穫があったといいます。当初はタンゴのタの字も知らないような自分たちが出場するということに対して若干のうしろめたさすら感じていたということですが、とにかく手探りながらも日々練習を重ねたということです。
なによりも実感したのが複雑なステップではなく基礎の重要性だといいます。「二人で一緒に歩く」ということが最も根源的な要素となっており、またそれが最も難しいという考えを得られたということが最も大きな収穫になったと話します。

正直賞に値する踊りができたかというと、その自覚は二人の間にはないという言葉がとても印象的で、そこに松井さんと加瀬さんそれぞれの求めるものの高さを感じます。日本人やアルゼンチン人をはじめとして多くの方々に応援されたことは大きな励みになったということで、世界チャンピオンのアルゼンチン人カップルから声を掛けられたのは涙が出そうになるほどうれしかったといいます。

数ある舞踊からタンゴに導かれた理由

外大には様々な地域の様々な舞踊系団体が存在しています。その中で松井さんと加瀬さんがタンゴを選ぶことになったきっかけはなんだったのでしょうか。

実はお互いの共通点として元々競技ダンス部に在籍していたということがあります。しかし互いにその舞台からは去り、舞踊からはやや距離を置いた時期があったとのこと。しかしそんな中で加瀬さんは『Evita』という映画と大学の講義で出会い、その中にあったタンゴのシーンに魅了されます。

漠然とタンゴのことを考えていると、当時の外大特任教授であったCaroline先生が大学にタンゴのサークルを立ち上げたいと考えているという情報を耳にし、2016年の4月にサークルを立ち上げるに至りました。
そこにタンゴサークルができるということで、それほど本気ではなかった松井さんが見学に足を運んだところ、プロの方のデモンストレーションに魅了されタンゴに惹かれていったということです。

なにかシナリオがあるのかというこの流れを加瀬さん自身も偶然が重なったものであり、なにか運命的なものを感じるとタンゴに対して感じているそうです。かつて同じ部に所属していた仲間と後にタンゴを踊ることになろうとは当時は想像もつかなかったといいますす。

若者の舞踊人口が減っている

最後に加瀬さんは日本のタンゴについて、もっと若者にも浸透してほしいというお話をしてくださいました。日本においてはタンゴに限らず多くの舞踊についても言えることで、高年齢化が進んでいるとのことです。実際肌間隔でも10代20代のタンゴ人口は全体の5%にも満たないのではないかといいます。タンゴの老若男女問わず自由なスタイルで誰でも踊れるという魅力が若者に伝われば、という一方で「ただ大人の踊りだからどう折り合いをつけるか・・・」とも話します。
アジア選手権で得られたもう一つの収穫として、若者である自分たちが踊る意味を得られたといいます。いろんな方からの応援や期待を受け、踊ることや団体の活動ができるということはどこかで誰かのためになっているということであり、それを励みにしていけるということです。

今後のお二人、またタンゴ同好会にも期待ですね!

夏休みでお忙しい中だというのに、ご親切に取材に応じて頂きました。
本当にありがとうございました!

(松井さんはこの夏よりイタリア留学、加瀬さんは言わずもがなWonderful Wanderで言語系記事を山ほど執筆していただいているので、お二方とも文字通りの文武両道でびっくりです・・・)

おもしろい外大情報がありましたら個人・団体問わず募集中です!
公式になにをしたとかではなくこんな経験しました、あるいはした人を知っています!という情報をお持ちの方はTUFPOSTまでご一報ください!!

 

追記

後日お話を聞いたところ松井さんは留学後にイタリアからアルゼンチンへ渡航、加瀬さんは来冬からアルゼンチンに留学ということで、次にお二人が組むのはアルゼンチンになるとのこと!
ブエノスアイレスでの活躍にも期待ですね!

最初のコメント


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)